家

早めのネズミ駆除で快適な暮らしを|被害を最小限にしましょう

侵入させないことが大事

女の人

ねずみ被害を減らすためにできる対策のひとつが侵入経路を遮断することです。ねずみは小さな穴からでも侵入することができます。1.5センチほどの穴が空いていれば侵入することができるといわれています。小さな穴を見つけると、体が通らない場合でも前歯で壁を削り、穴を広げて侵入してきます。ねずみ被害を減らすためには侵入ルートを特定して塞ぐのが効果的です。ネズミ駆除の専門会社は、ラットサインを見つけて侵入経路を特定します。侵入経路はひとつとは限らないので、徹底して調べてくれるでしょう。素人が複数の侵入経路を把握することは難しいです。ネズミ駆除の知識を持った会社に任せましょう。ねずみがいなくなっても侵入経路を塞いでないと、新たなねずみの侵入を許してしまうのでキリがありません。一番最初にできる対策として侵入経路を塞ぐことから始めましょう。屋根裏や押し入れに生息している種類もいるので、床や壁だけ対策するのではなく様々な侵入経路を把握しましょう。ねずみはなわばりを持つ生き物です。ひとつのグループを駆除することで被害が改善されます。ねずみは暑さに強く、寒さに弱いという特徴があります。冷蔵庫などの下に好んで巣を作ります。建物に侵入してくる理由も暖かさを求めてです。ネズミ駆除をする際には、冷蔵庫の周りや室外機の周りを調べましょう。ネズミ駆除の知識を多く持っている専門会社の方は、そういったことも把握しているので安心です。